金型設計技術資料
(樹脂金型設計・成形金型設計の問題点と対策方法)


<主な成形不良とその原因>
不良現象:剥離
剥離とは
成形品が雲母状に薄い層になり、剥離して著しい物性低下が生じるもの。

   不良が起こる原因 対   策 
 成形機によるもの (1)成形機の射出圧力が高い。
(2)成形樹脂温度、金型温度が低い。
(1)成形機の射出温度を下げる。
(2)成形樹脂温度、金型温度を上げる。
 金型によるもの
(金型設計)
(1)金型設計でのゲート位置、ゲートの数、ゲートの大きさが
不適切。
(1)金型設計でのゲート位置、ゲートの数、ゲートの大きさを
再検討。
 材料によるもの (1)成形材料の異物混入。 (1)相溶性の悪い異種樹脂の混入に注意する。
(スチロール樹脂に対して、AS、ABS、ポリエチレンなど)
 異物混入を防ぐために、シリンダーの分解、掃除、洗浄などを
実施する。

樹脂金型設計・成形金型設計の設計事務所  YKデザイン
Copyright(c) 2002 YKDesign

inserted by FC2 system