金型設計技術資料
(樹脂金型設計・成形金型設計の問題点と対策方法)


<主な成形不良とその原因>
不良現象:波紋、フローマーク
成形品の表面にゲートを中心に年輪状のさざ波模様を発生させるもの
又、ゲートから遠い所にできた小波もいう。

   不良が起こる原因 対   策 
 成形機によるもの (1)射出速度の不足。
(2)成形機ノズル径の過小。
(3)射出保持圧の不足。
(4)射出保持時間の不足。
(5)材料のクッション量不足。
(6)射出圧力の不足。
(7)シリンダー容量の不十分
(1)射出速度を上げる。
(2)成形機ノズル径を太くする。
(3)射出保持圧を高くする。
(4)射出保持時間を長くする。
(5))材料のクッション量を増加させる。
(6)射出圧力を上げる。
(7)シリンダー容量の大きいものと交換。
 金型によるもの
(金型設計)
(1)金型温度が低い。
(2)スラッグ留の過小。
(3)金型の冷却が不適当。
(4)金型ゲート位置、ゲートサイズが不適当。
(1)金型温度を上げて均一化する。
(2)スラッグ留を大きくとる。
(3)金型冷却の設計再検討。
(4)金型ゲート位置、ゲートサイズを再検討。
 材料によるもの (1)成形材料の温度が低く、流動性が悪い。 (1)材料温度を上げ、流動性を良くする。

樹脂金型設計・成形金型設計の設計事務所  YKデザイン
Copyright(c) 2002 YKDesign

inserted by FC2 system